親の英語力

親の英語力 post thumbnail image

インターナショナルスクールへ子供を入れることを考えた時に、親の英語力は気になりますよね。

学校の方針によって違うのかもしれませんが、日本人を積極的に入れている学校は面接でも日本語OKであったりします。普段のレターメールも日本語併記で来たりします。

一方、先生とのコミュニケーションもレターメールも全て英語のみ、という学校も多いです。

では、「インターに親の英語力は関係ない」と言われるのはどういう事でしょうか?

要は、、、

インターナショナルスクールは、英語で小中高の教育を行っている学校であり、英語を習得するための学校ではない、という事なんです。(当たり前ですね。笑。)

何が言いたいかと言うと、、、

例えば、日本の普通の公立小学校に、外国から引っ越してきた家族の子供が入学するようなものです。基本、親の日本語力は問われませんよね。だからと言って、日本語がゼロではきっと支障が出てきますね。

でも、もしそのお母さんがツタナイ日本語でも、一生懸命話しかけ、メールで連絡を書き、わからない事は聞いて勉強していたらどう思いますか?先生も他のお母さん達も、暖かく迎えてくれますよね。

だから、英語が多少わかるのでれば、子供だけでなく親としてもインターに挑戦してみて欲しいです。一緒に英語を勉強しよう、という気持ちで臨めば大丈夫です。

コミュニケーションが完全に英語の学校でも、入学時などの重要なミーティング、面接では通訳の同伴が許されている事が多いです。また、通常オフィスには何人か日本人の事務員さんがいるはずですので、お金に関することなど重要な事は日本語対応しているはずです。

という訳で、「インターに親の英語力は関係ない」と言われるんですね。笑

Related Post

ランドセルランドセル

学校には、バックパックで通学しています。 実は、小学校入学時にいたインターには、ランドセルで通っていました。 私は、親として公立の小学校に入れようと思っていたため、ランドセルも買っていたんです。本人がすごく気に入って買っ […]

入学式 春入学式 春

インターは、海外の学校同様、日本のような入学式はありません。 授業開始日の前に、親子で参加するオリエンテーションがあります。そこで初めて子供同士が顔を合わせます。そしてこれからの学校生活におけるガイダンスがあります。 と […]

学校の送迎学校の送迎

インターナショナルスクールは、基本親の送り迎えが必須です。 我が子のインターは、グレード5から徒歩、自転車等での通学が許可されています。ただ、自転車等で通える範囲に住んでいる子は殆どいないので、実際に歩いて通学しているの […]