学校の送迎

学校の送迎 post thumbnail image

インターナショナルスクールは、基本親の送り迎えが必須です。

我が子のインターは、グレード5から徒歩、自転車等での通学が許可されています。ただ、自転車等で通える範囲に住んでいる子は殆どいないので、実際に歩いて通学しているのは一握りの生徒のみです。

毎朝夕、学校に子供を送迎するのですが、駐車場の無い学校の場合には、道に並んで学校の門の前で子供を降ろします。その際には、門の前に事務の方等が立っていて、子供が乗り降りする際にドアの開け閉めをしてくれます。

うちの学校は駐車場があるので、車を駐車場に停めると子供が自分でドアを開けて門まで行きます。小さいお子さんは、親も一緒に降りて門まで送ります。もしくは、門の前まで車でいけば学校の方が車のドアを開けてくれるので、子供は一人で降りて門から学校に入れます。

その駐車場ですが、毎日、高級車が並びます。ベンツ、BMWなどの外車が多いです。日本車だとレクサス。あとは領事館ナンバーもよく見ます。うちは、貧乏家庭なので普通の国産車です。レクサス以外の国産車は我が家を含めて数えられる台数程です。それでも、我が家だけという状態ではないのでホッとしています。笑

インターは、遠くから通っているお子さんも多いので駐車場には他県ナンバーもよく見ますが、学校にはスクールバスもあるので、そちらを利用している方の方が多いとは思います。スクールバスは、路線によって年間で 20~50 万です。

そのスクールバス、運転は提携している地元業者の運転手さんなので、英語は全くわからないそうです。一度バス停を間違った生徒がいたそうなんですが、運転手さんとコミュニケーションが取れず大変だったという話を聞いたことがあります。笑

Related Post

親の英語力親の英語力

インターナショナルスクールへ子供を入れることを考えた時に、親の英語力は気になりますよね。 学校の方針によって違うのかもしれませんが、日本人を積極的に入れている学校は面接でも日本語OKであったりします。普段のレターメールも […]

ランドセルランドセル

学校には、バックパックで通学しています。 実は、小学校入学時にいたインターには、ランドセルで通っていました。 私は、親として公立の小学校に入れようと思っていたため、ランドセルも買っていたんです。本人がすごく気に入って買っ […]