乳幼児向け英語教室

乳幼児向け英語教室 post thumbnail image

日本には今、子供用の英語教室が乱立していますね。

英語が話せない親が、自分の夢を子供に託して、、、、通わせている場合も多いのかな。国際的な大人に育って欲しくて、小さい時から英語を習わせるのは大賛成です。言語だけは、小さいうちから習った人が勝ちです。(言語だけでは、ないかもしれませんが。)

ただ、無駄だと思うのは、乳幼児の英語教室。乳幼児に必要なのは、お母さん、お父さんの愛情こもった言葉です。英語でも日本語でも。

6歳で渡米して初めて英語に触れるお子さんでも、2,3年後には日本語が話せなくなるくらい、普通の英語のネイティブになります。もちろん、厳密に言えば、、、アメリカでも家庭内が他言語のお家のお子さんは、英語が少し両親の言語に引っ張られる感じはあります。東京で生まれ育っても、親が大阪弁だと単語によっては大阪っぽい訛りになったりするのと同じ感じです。それでも、ネイティブはネイティブですし、文法的に間違う事はありません。

要は、あまり小さいうちに英語を教えても、続けない限り忘れます。それも、週1、一時間英語教室に通っても辞めたら3か月で全て忘れます。

たとえ、英語をずっと続けていたとしても、小学校2,3年になった頃に、英語を勉強するのを嫌がるようになります。なぜなら、学校も家も日本語で、英語を使う場もないのに勉強する意味がわからないからです。

これは、海外に住む日本人家庭では常にある大きな問題です。家では日本語なので、子供には日本語の勉強を続けて欲しいと親は願いますが、子供はだいたい小3あたりで日本語学校を泣いて嫌がり、結局辞めるというのが普通です。

バイリンガルを目指すなら、乳幼児期の英語教室に払うお金を貯めて、小2,3年生で海外に留学させるのが早道だと思います。

Related Post

9歳までに?9歳までに?

英語のネイティブにするには、9歳までに英語を始めないといけないですか? よく聞かれる質問です。 答えは、、、9歳はギリギリですね。できれば8歳までに英語圏に移住すればネイティブになる確率が高いと思います。6歳あたりがベス […]

留学適齢期留学適齢期

言語が自然に習得できる年齢である臨界期あたりに留学、もしくは海外移住するのが一番ネイティブに近い英語を身に付け易いと思います。ただ、お子さん一人で留学させるなら、やはり中学入学時、または高校入学時がいいですね。 日本の学 […]

フォニックスフォニックス

英語教育の中で、一番重要だと思うのはフォニックスです。 バイリンガルを目指すのでも、学校の英語の成績を上げるのでも、旅行に行って使える英会話を習得するためでも、とにかく基本はフォニックスです。 フォニックスとは、アルファ […]