留学適齢期

留学適齢期 post thumbnail image

言語が自然に習得できる年齢である臨界期あたりに留学、もしくは海外移住するのが一番ネイティブに近い英語を身に付け易いと思います。ただ、お子さん一人で留学させるなら、やはり中学入学時、または高校入学時がいいですね。

日本の学校と変わらず、もちろん海外の学校でもイジメがあります。グループが出来たりもあるので、はやり学校の入学年に合わせた留学が一番スムーズだと思います。

それでも最初は英語が不十分なためにクラスメイトに相手にされず孤立してしまったり、色々な障害はあると思います。親元を離れ、学校でも孤立してしまったら、かなりの試練ですね。ただ、それを乗り越えられた時に大きな成果が待っているので、そこを頑張れる年齢が、留学適齢期だと思います。

お子さんの性格により、小学校高学年でも乗り越えられる子もいます。高校でもダメなお子さんもいます。お子さんの性格、経験を考慮して留学時期を決めたいですね。

ただ、日本の学校でお友達が出来ない、いじめられている、というお子さんに対して、日本には合わない子だから海外に留学させようという親御さんがいらっしゃいますが、個人的な意見としてはお勧めしません。

日本で出来ない事は、やっぱり海外に行っても出来ないからです。

ただ、日本で荒れていてしょうがないというお子さんは、海外留学が効果的な場合が多々あります。それだけ苦労するからです。そして、荒れている、遊びまわっているお子さんは、大概仲間作りが上手く、自信も度胸もあるからです。

「自信」と「度胸」、これが海外に出た時に一番必要なんです。

Related Post

カナダのマクドナルドカナダのマクドナルド

正直、アメリカとカナダのマクドナルドがどう違うのかはよくわからないのですが、日本とカナダではちょっと違います。 チキンナゲットです。なんとなく違いませんか?衣?がちょっと天ぷらみたいというか。色も茶色いし。味もちょっと違 […]

英語で読み聞かせ英語で読み聞かせ

小さいうちから、英語でも話しかけましょう! 日本語の絵本の読み聞かせの中に、英語の本も入れてみましょう! これは、お母様が英語の発音がネイティブである方のみ限定の教育です。我が子は一時日本のインターナショナルスクールに行 […]

短期留学中の携帯持参短期留学中の携帯持参

小学生の留学は、必ず成功するとは限りません。 反対に、マイナスの経験になる事も多々あります。そういう子供達もたくさん見てきました。 一週間程度の留学なら、辛くても耐えている内に帰国となるので問題ないと思います。ただ、その […]