留学に向いている子

留学に向いている子 post thumbnail image

留学に向いているのは、おしゃべりな子、自己主張の強い子、でしょうか。

この留学に向いているかどうかは、本当に、もしかしたら臨界期より英語学習に影響するかもしれません。臨界期を過ぎても、向いている子はネイティブなみに話せるようになります。向いていない子は、臨界期前でも日本語が優位のまま帰国する子達もいます。

日本と、それぞれの国では文化が違うため、受け入れられる「性格」、好まれる「性格」が違います。その国の好まれる性格に合致した性格を持ち合わせている子は、その国に馴染むのも早く、言語習得も早いです。

お子さんの留学を考えた時に、日本での教育方針 (しつけの方法) や、お子さんの性格を考慮して留学先を選ぶと成功する確率が上がります。

Related Post

幼稚園留学幼稚園留学

幼稚園で留学なんて! と、思われますよね。結構人気があるんです。もちろん、親子留学です。 例えば、カナダでは、幼稚園 (キンダーガーデン)は1年のみで日本の義務教育のように基本的には全員が入学します。キンダーに入学して1 […]

カナダのトイザらスカナダのトイザらス

近所にトイザらスがあるので行ってきました。 日本であまりトイザらスに行ったことが無いので違いがよくわからないのですが。 日本には無さそうな、微妙なぬいぐるみがいっぱいありました。 写真のぬいぐるみは、メキシコ料理の「タコ […]

留学適齢期留学適齢期

言語が自然に習得できる年齢である臨界期あたりに留学、もしくは海外移住するのが一番ネイティブに近い英語を身に付け易いと思います。ただ、お子さん一人で留学させるなら、やはり中学入学時、または高校入学時がいいですね。 日本の学 […]