短期留学中の携帯持参

短期留学中の携帯持参 post thumbnail image

小学生の留学は、必ず成功するとは限りません。

反対に、マイナスの経験になる事も多々あります。そういう子供達もたくさん見てきました。

一週間程度の留学なら、辛くても耐えている内に帰国となるので問題ないと思います。ただ、その場合、もう2度と行かないと言われる可能性もありますね。もう少し耐えてたら楽しい事もあったかもしれません、耐えて終わる留学になってしまう訳なので。

一か月以上の留学となると、ホームシックを乗り越えて楽しむ子供達がいる一方、本当に鬱状態になってしまう子供達もいます。留学センターも、留学エージェントも、ホストファミリーも、学校のカウンセラーも、みんな揃って、「すぐに慣れるから大丈夫。最初はみんなホームシックになります。今は親御さんは連絡を取らずに子供に頑張らせてください。すぐに慣れます。」と言うでしょう。笑

それは、確かに事実です。子供の順応性は驚くほど高いので、いつの間にか馴染んで楽しんでいる事も多いです。ただ、留学エージェントのホームページにあるように、「日本に帰りたくなかった!来年も絶対行きたい!」的なコメントばかりが並んでいるのを鵜呑みにするのは危険です。留学もビジネスなので。笑

一人で留学させる場合、ホームステイであれボーディングスクールであれ、周りのサポートが重要です。寮だからサポートが厚いとは言えないですし、ホームステイだから雑な扱いを受けてしまう、とも限りません。

なかなかいないですが、親御さんが不安になった時にお子さんを見に行ってくれる、頼んだらホストファミリー、寮母に毎回電話してくれるエージェントがいいですね。私は、留学中は親と連絡を取ると寂しくなるから携帯は取り上げる、という方針には反対です。もちろん、お子さんの性格によってはその方がいい場合も多いのですが、それは親御さんが判断して決める事だと思っています。

できれば、ホストファミリー、学校の先生、寮母さんに様子を聞く際に、親御さんも一緒に電話に参加させてくれたらベストです。エージェントは通訳をすればいいのであって、代わりに聞いて伝える、では口調や感情が伝わりません。エージェントの方の都合良い取り方で伝えられてしまいます。

お子さんの留学が成功するように、留学中も続けて軌道修正していく事は大切です。そのためのエージェントです。

Related Post

英語に触れる時間英語に触れる時間

結局は、英語に触れた時間の量で英語力は決まります。 だから英語習得には留学が一番良いんですよね。耳と目の両方から24時間英語を吸収できます。日本のインターナショナルスクールに通っていても、なかなかネイティブにはなれていな […]

留学適齢期留学適齢期

言語が自然に習得できる年齢である臨界期あたりに留学、もしくは海外移住するのが一番ネイティブに近い英語を身に付け易いと思います。ただ、お子さん一人で留学させるなら、やはり中学入学時、または高校入学時がいいですね。 日本の学 […]

フォニックスフォニックス

英語教育の中で、一番重要だと思うのはフォニックスです。 バイリンガルを目指すのでも、学校の英語の成績を上げるのでも、旅行に行って使える英会話を習得するためでも、とにかく基本はフォニックスです。 フォニックスとは、アルファ […]